​デジタルウェルネスインスティチュートについて
スクリーンショット 2021-03-22 15.59.49.png
Digital Wellness Instituteは、世界中でポジティブなデジタル文化を育むために、Covid-19感染拡大下で生まれたアメリカ発祥のプログラムです。
プログラムでは、デジタルテクノロジーが私たちのライフスタイルにどのように影響を与えているかについてのエビデンスをまとめ、ヘルスリテラシーを高めつつ、ウェルビーイングを高めることをサポートするツールも提供しているマインドフルベースのプログラムとなっています。
​ホームページ:https://www.digitalwellnessinstitute.com/about
スクリーンショット 2021-03-22 15.59.49.png
​プログラムの中心的コンセプト”デジタルフラリッシング”について
デジタルウェルネスプログラムでは、Digital Wellness Instituteで開発された”デジタルフラリッシング”という戦略を用います。デジタルフラリッシングでは、8つの領域(心の健康、体の健康、仕事の質(生産性)、コミュニケーション、人間関係、環境等)に関して、デジタルテクノロジーが与える影響について情報提供をし対話の場をもうけていきます。そのことにより、参加者がご自身のライフスタイルをデジタル時代に合わせてデザインしなおすことにより、ウェルビーイングを高めていくサポートをしていきます。
​誰もが自分のライフスタイルのデザイナーというコンセプトのもと、プログラム修了者には、”デジタルウェルネスデザイナー”という名称をご利用いただけるよう準備中です。
スクリーンショット 2021-03-22 16.00.12.png
スクリーンショット 2021-03-22 16.21.13.png
​デジタルウェルネスプログラム共同代表について
​デジタルウェルネスプログラム共同代表は、2020年11月、デジタルウェルネスサーティフィケーションプログラム1期を修了し、日本人初(2021年3月現在、日本人ひとり)デジタルウェルネスインスティチュート認定講師取得している。
​現在は、産業医をアドバイザーとして迎え、外資広告会社でGMした経験のある現在、慶応SDM前野研究室の研究員である共同代表とともに、日本人にあったプログラムに改良してプログラムを、企業や個人向けに提供している。